« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(4) | トップページ | 金田式 No210モドキ アナログ VS デジタル »

ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(5)

バッテリー駆動で早速「ダイレクト・グレンミラー」と「STILL HARRY AFTER THESE YEARS」

を録音してみました。

Rimg1292_r Rimg1293_r

MICROTRACKⅡにヘッドフォンを繋いでの試聴ですが、先程のAC駆動に比べると音が柔らかく感じます。

AC駆動がエッジが立った感じだとすれば、角がとれて丸くなった感じです。

メインのスピーカーで聴き比べないと実際の違いはどう聴こえるのか判断つきません。

またNo210使用のレコードと比べてどうなのか、明日試してみたいと思います。

またデジタル音源同士でも以前のNo198での録音と比較したらどうゆう感じなのか興味のある所です。

今回のNo210についてkontonさんのホームページで興味深い話をされています。

理解を深めるにはとても役に立つ話ではないでしょうか・・・

|

« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(4) | トップページ | 金田式 No210モドキ アナログ VS デジタル »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(5):

« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(4) | トップページ | 金田式 No210モドキ アナログ VS デジタル »