« 金田式No210(モドキ)(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(3) »

金田式No210(モドキ)(2)

フラットアンプ部から作り始めました。

Rimg1245_r

当初基板を興す予定で進めていたのですがOHPフィルムの質が悪くインクがポジ感光基板の感光剤に張り付いてしまい、連続2枚失敗したところで断念しました。

仕方が無いので7本よりで急遽進めています。

例によって抵抗はタクマンスケルトンなので時間が掛かりそうです。

(私がTAKMAN REY スケルトンを使うのはススムの代替としてでは無く癖がなく解像度の高い音がススムより勝っていると感じるからです。)

タクマンやススムの抵抗は袋やパーツケースに小分けして保管しています。

Rimg1246_r Rimg1247_r

ヘッドフォンアンプで使用していたA726、C1399を流用して進めていますがどんな音になることやら・・・

No209を作って以来毎日夜11時から12時まで1時間位聴いています。

昨日も缶ビール片手にビル・エバンスを聴きながら至福の一時を過ごしていました。

No209はスタジオ録音物よりライブ録音物の方が場の雰囲気、臨場感が有り聴いていて違和感が無く、好みになってしまった様です。・・・

|

« 金田式No210(モドキ)(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(3) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No210(モドキ)(2):

« 金田式No210(モドキ)(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(3) »