« 金田式No210(モドキ)(3) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(5) »

金田式No210(モドキ)(4)

イコライザー基板の作製に取り掛かりました。

Rimg1258_r

2SA970→2SA872A、2SC2240→2SC1775Aで作製しています。

Rimg1255_r

AOCの2SK170BLが頭の中から抜け落ちておりパーツケースを探したら手持在庫が有りませんでした。(^_^;)

早速発注はしましたが到着まで待つのも時間が勿体無いので代替で使えるものは無いかとWebでデータシートを探し回り手持ちパーツと比較して使えそうなものを見つける事ができました。

Rimg1257_r

ジャンク箱の中に放置しておいた安井式MCヘッドアンプ基板の初段に使われていた2SK146です。

Ysfが30となっており2SK170の22より大きいです。

K146はK147を2個ケースに収めただけで物自体はK147の様です。

特性はAT-80で簡単に測定してみましたが一応揃っているようでした。

Rimg1256_r

入力容量Ciss30pF→75pF、帰還容量Crss6pF→15pFと若干多目ですが定格はPdが400mW→600mW以外は一緒で問題なさそうです。

使ってみる事にします。・・・

|

« 金田式No210(モドキ)(3) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(5) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

nakaさん
こんにちはm(__)m
当時は毎週のようにオテック、若松、三栄無線を巡りめぼしい金田式パーツを見つけては安い物は当面必要なくても買っていました。
オテックは特にペア品がまともに揃っているので(某店の物は余り信用していませんが)安心して使っています。
最近は使い回しで作っているのでもう暫くは手持ちで残りそうです。

投稿: LA4 | 2010年9月17日 (金) 10時20分

今は無きオテック。
懐かしい包みです。
太っちょの店長を思い出す。

投稿: naka | 2010年9月17日 (金) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No210(モドキ)(4):

« 金田式No210(モドキ)(3) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(5) »