« 金田式No210(モドキ)(4) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(6) »

金田式No210(モドキ)(5)

イコライザ基板の部品取り付け終了しました。

配線途中でLH0032プリアンプのケースとNFB SEコンデンサを流用するので分解前に記念撮影しました。

Rimg1259_r

Rimg1260_r

またいつか日の目を見る事があるのでしょうか(^_^;)

勿体無いのでNFB用のSEコンデンサ4個を抜くだけにしてジャンク箱行きにします。

Rimg1261_r

右側のAT-1はかなり古い物です。

表に転写フィルムのパターンが貼り付けて有ります。

パソコンを持っていない頃、取り付けを間違わない様に一つ一つ貼り付けた物です。

(実は手持ちのAT-1が切れたので探したら出てきました。)

ランドは部品固定に使うだけなので、古くても問題ないだろうと思い使う事にしました。

次はいよいよ裏配線に突入です。・・・

|

« 金田式No210(モドキ)(4) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(6) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

nakaさん
こんにちはm(__)m
>ジャンク箱行きとは、もったいない
私もそう思うのですが、さすがに最近結構高額になっているSEコンデンサを追加購入する踏ん切りがつかず、イコライザーアンプ内蔵ADCとLH0032プリアンプのどちらをばらそうかと悩んでLH0032プリアンプをとりあえずバラス事にしました。
今回のイコライザ基板が音が良ければADCのイコライザ基板と入れ替えてLH0032プリアンプ復活も考えています。(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年9月18日 (土) 16時21分

せっかく作ったのに、
ジャンク箱行きとは、もったいない。
という感じです

投稿: naka | 2010年9月18日 (土) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No210(モドキ)(5):

« 金田式No210(モドキ)(4) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(6) »