« 金田式No210(モドキ)(5) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(7) »

金田式No210(モドキ)(6)

dcampmaniaさんがNo210完成されたようです。

No209パワーアンプとの相性抜群で透明感の有る音とコメントされています。

何時ものごとく、やはり音も大きいらしいです。

私にとってはこの音が大きいと言うのがネックで特にレコード入力が非反転でゲインが0に出来ないのに音が大きいとなると夜中に聴けなくなってしまいます。

と言う事で、パターン配線終了したばかりなのですがフラットアンプのVGAをやめてフラットアンプの入力にボリュームを持って来ることにしました。

入力は非反転入力一つにします。

音が悪くなるのは仕方が無いですが必要悪でMCとDAC入力切替はスイッチでやる事にします。

フラットアンプ(表)

Rimg1264_r

フラットアンプ(裏)スペースが無かった為NFBの抵抗は裏側に取り付けしました。

Rimg1267_r

イコライザアンプ(表)

Rimg1265_r

イコライザアンプ(裏)

Rimg1266_r

補正SEコンデンサに手ごろな数値の手持ちが無かったので仮に倍の数値の物を取り付けていますが入手後交換予定です。

次はいよいよ調整に入ります。・・・

|

« 金田式No210(モドキ)(5) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(7) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No210(モドキ)(6):

« 金田式No210(モドキ)(5) | トップページ | 金田式No210(モドキ)(7) »