« 金田式No209(13) | トップページ | バッテリー追加発注 »

戯言

ふと思ってしまいました。

今回No209がエージングの件はあると思いますが、エミッタ抵抗のせいで大差が付いているのではないかと言うことです。

LH0032(FET版)にはソース抵抗は付けていません。

他の方のLH0032パワーアンプには着けていらっしゃる方が多いようです。

私は金田さんのGOA時代の影響が有り、電源電圧が低ければ抵抗をつけない影響は少ない、音のためにはできれば取り除きたいという金田さんの言葉が染み付いており、

技術的な事は判らぬまま音のためにはないほうが良いのだ!で使わない様にしています。

No209の8月号にIo安定化と保護回路電流検出用に入れてあると記述が有ります。

電源電圧が±16Vのバッテリー駆動でリスクは有りますが保護回路無しならひょっとしてエミッタ抵抗無しでも安定動作しないかしら・・・なんてふと思ってしまいました(^_^;)

本当に戯言です。

追記

そう言えばLH0032(Tr版)もエミッタ抵抗無しでしたが熱暴走する事も無く動作していました。

(その代わりバイアス用のダイオードをTrにそれぞれ熱結合して熱暴走対策していました。)

(たまたま問題なかったのかもしれません)

dcampmaniaさんのご助言の通りよくよく考えればうまく動作する様であれば本家の金田さんが実行しているはずですね。

大事なスピーカーを飛ばしてしまってはシャレになりませんのでこの妄想は没です。

|

« 金田式No209(13) | トップページ | バッテリー追加発注 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

DCアンプマニア さん
コメントありがとうございますm(__)m
>低電圧でも特にバイポーラは熱暴走します。
そうですよね。
出来る事なら金田さんの事ですからとっく、そうしていると思います。
それでなくても保護回路無しで動作させていますので危険な事はやめた方が良さそうですね(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年9月 3日 (金) 07時52分

LA4さん こんばんは、音だしおめでとうございます、私の経験ではMOS FET以外でエミッタ抵抗・ソース抵抗を外すのは危険です、低電圧でも特にバイポーラは熱暴走します。

投稿: DCアンプマニア | 2010年9月 2日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49326891

この記事へのトラックバック一覧です: 戯言:

« 金田式No209(13) | トップページ | バッテリー追加発注 »