« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修(1) | トップページ | 新アナログレコードのデジタル化(1) »

ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修(2)

ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修が終了しました。

比較の為先日No210モドキでデジタル化した、

ズービン・メータ指揮/ロサンジェルス・フィルハーモニック

「サン・サーンス交響曲第3番ハ単調」 SLC8116 1979年

のB面を改修したバッファ付きイコライザアンプを使用して再度デジタル化して比較試聴しました。

当然の事ながらバッファ追加意外は全て同じ条件です。

曲が始まった瞬間に違いを感じました。

空間表現が全く別次元です。(当社?比)

楽器の定位も確実にアップしています。

何回か交互に曲を聴きましたが比較するとバッファ無しは音が平面的に感じます。

平面的に感じるせいか定位も甘く感じてしまう状態でした。

音色などは殆ど一緒なのですが若干違うなと感じたのは低域です。

こちらはバッファ無しの方が幾分重たい音に感じます。(良い意味で)

空間表現能力が余りに違うので、もうバッファ無しには戻れそうもありません。

金田式No210モドキイコライザーでも十分すごい音だと思っていましたが

やはり理想NFBイコライザーの方が音楽表現力は上の様に感じます。

(表現力のアップした事は事実ですが、後日実際に理想NFB状態動作の効果なのかは疑問符が付きました)

ソースフォロアバッファもAOCのNFBループに入れるというkontonさんの考え方は大正解の様です。

kontonさんのおかげで、さらに上の感動の音を得る事が出来て、本当に感謝です。m(__)m

今回AOCに860KΩ*2を使用していますが10MΩだとどんな変化になるのか

後日購入して試してみたいです。

イコライザアンプ

Rimg1381_r

今回追加したバッファ部分

配線の関係で860KΩ*2の位置も変更しました。

V2A104の上に写っている石と抵抗がバッファでその右の抵抗2本が移動した860KΩです

Rimg1385_r

ADC基板Rimg1386_r

GCA_SDC基板

Rimg1387_r_2

|

« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修(1) | トップページ | 新アナログレコードのデジタル化(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

nakaさん
>数多くスケルトン化したら微妙なところわかり
信号ラインに直列に繋がる様なところに使われると違いが顕著に現れるのではないかと思っています。
一度嵌るとスケルトン化はなかなかやめられません(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年10月23日 (土) 14時30分

ありがとうございました。了解しました。
本家スケルトンは隙間の広い方が削り終わりと思います。と言うことは、タクマンでは終端が楔型が終端と思われるので、こちらがHOTのような気がします。
数多くスケルトン化したら微妙なところわかりそうですね。

投稿: naka | 2010年10月23日 (土) 11時39分

nakaさん
おはようございますm(__)m
>本家スケルトンは隙間の広いほうが
そうですね。
私も後になって本家は広い方がホットだったと書き込み間違いに気が付きました。(^_^;)

>抵抗のカラー表示のどちら
以前ポータブルヘッドフォンアンプの記事にも書いて有りますがカラーコードを素直に読める方向で精度を示す少し太めのカラーコードと反対側をホット側としています。
つまり精度表示のコードを右側にした時左側が信号源又は電源で言うと+側右側がグランド側になるようにしています。
これはER-4Sの音響抵抗として方向を入れ替えて試聴した時
音が素直で音の広がりを感じた方向と音が荒く中央に集まって聴こえた方向とで判断して素直で音の広がりを感じたのが先程の精度表示のコードと反対側を信号源とした時でした。
これは他のブログの方も確認されていました。

投稿: LA4 | 2010年10月23日 (土) 09時52分

NABEさんのブログに書かれていました。
HOT はカラーコードを読む方側ですね。

投稿: NA | 2010年10月23日 (土) 09時41分

本家スケルトンは隙間の広いほうがHOTですね。
では質問を変えて、抵抗のカラー表示のどちら側をHOTとされていますか?

投稿: naka | 2010年10月23日 (土) 08時41分

nakasさん
こんばんわm(__)m
思わずジャンク箱行きのLH0032FETパワーで使っているタクマンスケルトンを虫眼鏡で確認してみました。
基本的には金田さんのスケルトンと同じく隙間の狭い上がホット側のようですが判別付かない物も有ります。
又ロットの違いなのか同じ抵抗値のはずなのに螺旋がかなり違う物も有ったりして、自分でも共通の判別方法を正確には把握していません。
その為マジックで印を付けてスケルトン化しているのが本音です。
それでも何個か確認して見ましたが削り初めが鋭く削り終わりがス-と細くなっている様な気がします。
正確な所をお教え出来なくて申し訳有りませんm(__)m
私も付け忘れて不安な時は上記のスペースや削りの違いで向きを決めています。
又如何しても判断つかないときはもう1本新たにスケルトン化し直しています。
お役に立てず申し訳ありませんm(__)m

投稿: LA4 | 2010年10月22日 (金) 22時43分

教えてください。
 タクマン、スケルトン化したのですが、片方に印をつけるの忘れました。どちらがHOTか分からなくなりました。よく見るとスパイラルの片方は丸みを帯び、反対側はクサビ型になっています。恐らく前者は切り始め、後者は切り終わりのような気がします。
 すいません、ご教示願います。

投稿: naka | 2010年10月22日 (金) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修(2):

« ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ改修(1) | トップページ | 新アナログレコードのデジタル化(1) »