« 金田式No209保護回路取り付けたのは失敗かも・(2) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(2) »

バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える

No209、No210が一先ず終了しましたので

FET出力のバッテリー式パワーアンプを作ってみたくなりました。

放置プレイ中のNo127はそのまま放置プレイ続行なのですがジャンク基板を漁っていたら

昔作ったNo192タイプのポータブルヘッドフォンアンプの残骸が出てきました。

Rimg1315_r

半固定抵抗やコンデンサは流用してしまいましたがFETは使えます。

オリジナルの出力段は2SK2554ですが2SK134でも定数は別として問題ないはずです。

電源電圧を±9Vで使用していましたので±15Vにして抵抗をタクマンスケルトンに変更すればこの基板を流用した方が割りとあっさり出来るかも知れません。・・・

|

« 金田式No209保護回路取り付けたのは失敗かも・(2) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49638433

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える:

« 金田式No209保護回路取り付けたのは失敗かも・(2) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(2) »