« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(3) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) »

バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(4)

ALL FETでは勉強不足も有るのでしょうが上手くシミュレーションできませんでした。

そこで出力段のみ2SK135のシミュレーションをやってみたらうまく行きました。

初段の定電流を4mA設定、出力段のIoも100mAに上手く設定できました。

Fet_r_3

Fetgain_r_2

補正コンデンサを入れる前のグラフなので1MHz付近でゲインが上がっています。

Fet_r_4

クローズドゲインは同じく19.5dBです。

位相回転も1MHzで-11°になっています。

初段   2SK246

定電流  2SK246

2段目  2SA970

ドライブ段 2SC2240

出力段2SK135

でシミュレーションしました。

今回は出力に8Ωの抵抗を接続してシュミレーションしました。

2段目にやはり10pFコンデンサで補正しないと同じ様に超高域でゲインが上がっているようでした。

これでようやくPCBEでのパターン設計に入れます。・・・

|

« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(3) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49658516

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(4):

« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(3) | トップページ | バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) »