« シミュレーションは難しい(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)イコライザアンプ改修(2) »

金田式No210(モドキ)イコライザアンプ改修(1)

No210タイプへのバッファ取り付けはシミュレーション上は何かと問題有りのようですが

ADC内蔵No210タイプイコライザーアンプでの結果に自分自身としては大満足しましたのでレコード再生専用No210(モドキ)プリアンプのイコライザー基板へのバッファ取り付けに取り掛かりました。

Rimg1389_r

Rimg1391_r

バッファ取り付けと裏配線は終了しましたのでこれから基板単体での調整に入ります。

ADC内蔵とは使っているTrが違いますしフラットアンプにはA726やらC1399を使っていますのでどうなる事か楽しみでは有ります。・・・

|

« シミュレーションは難しい(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)イコライザアンプ改修(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No210(モドキ)イコライザアンプ改修(1):

« シミュレーションは難しい(1) | トップページ | 金田式No210(モドキ)イコライザアンプ改修(2) »