« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) | トップページ | 金田式No209風FETアンプ(2) »

金田式No209風FETアンプ(1)

シミュレーションも一先ず終了しましたので実際の作製に取り掛かりました。

金田式No209風FETアンプとでも銘銘しておきます。(^_^;)

Rimg1318_r

石の方は取り付け終わりましたので後はひたすらタクマンの皮むきです。

シミュレーションと実際の違いは

初段2SK246→2SK246

定電流 2SC2240→2SC943

2段目2SA872→2SA606

ドライブ段2SC1775→2SC959

終段2SK135→2SK134

初段定電流のダイオードは05Z5.6X→05Z5.6X(銀帯)

です。

どんな事になるのやら今から楽しみです。

などと落ち着いていえるのもNo209の音に満足して音楽に浸って入れるからですね。

今回のアンプが失敗しても別に完動品が1台在るというのは心強いです。・・・

追記

写真の左側のTrの付け位置間違ってますね(^_^;)

急いで付け直ししました。

|

« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) | トップページ | 金田式No209風FETアンプ(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No209風FETアンプ(1):

« バッテリー駆動FET出力パワーアンプを考える(5) | トップページ | 金田式No209風FETアンプ(2) »