« 金田式No209アンプ初段定電流Tr交換 | トップページ | 金田式風No209FETアンププチ改良 »

脳がエージングされたのでしょうか?

No209パワーアンプの初段定電流Trを2SC943以外を貯めそう思いつつ断念しました。

ネットで検索して初めて知ったのですが定電流に2SC943は結構評判良かったのですね。

その中に力強い音と表現されている方も有りました。

No209風FET出力では壷に嵌ったのか、まさにそんな音でしたがNo209もどきではそこまで感じる事は出来ませんでした。

出力段が違うだけで他の回路、使用部品は一緒なのに定電流Trもあるアンプでよかったからと言って同じ様に別のアンプで良いとは限らないようです。

No209風FETアンプもアンプがエージングされたのか、はたまた耳と脳がエージングされたのか当初の硬さが大分取れて来た様に聴こえます。

No209モドキで感じた空気感というか奥行き感と言うべきか、そんな微妙な表現の部分は未だ感じませんが、それさし引いても、もう元には戻れない魅力に引き込まれています。

今週末というか今度の日曜日の金田さんの試聴会に出かけるかどうか未だに迷っています。

試聴会は年1回のイベントなので何とかしたいのですが・・・

|

« 金田式No209アンプ初段定電流Tr交換 | トップページ | 金田式風No209FETアンププチ改良 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49725777

この記事へのトラックバック一覧です: 脳がエージングされたのでしょうか?:

« 金田式No209アンプ初段定電流Tr交換 | トップページ | 金田式風No209FETアンププチ改良 »