« 新アナログレコードのデジタル化(3) | トップページ | シミュレーションは難しい(2) »

選択と決断

命あるものは常に選択と決断を迫られる。

木に例えるなら常に幹となる中央を選択して生きる人もいるだろうし、枝分かれして行く枝の方を選択していく人もいるだろう。

小さな事なら今晩のおかずを何にしようかから人生の伴侶を決める選択決断まで・・・

常に選択、決断を迫られる、一度その道を選択したら元に戻ってやり直す事は出来ない。

常に前に進むのみ、前に進んで又選択、右へ行こうか左に進もうか・・・・

ふと振り返り、あの時別の選択をしていればもっと違う人生が・・・

と思う事はあってもその時々で最善の選択を選んだはずである。

不思議な縁で助けられたり助けたり・・・

人生は先々何が起こるか解らない、だから面白いともいえるし怖くもある。

人生の最後を迎える時幸せな人生で有ったと思いたい。

だから、今という時を大事にしたい、例え一見無駄な時間を過ごしていると見えようとも

それが、人生の中で必要な時間なのかもしれない。

オーディオに費やしている今という時間さえ、私にとっては必然的な時間なのかもしれない。

目先的には一見無駄な時間かもしれないが、このオーディオをやっていて良かったという事があるかもしれないし、無くてもそれはそれでかまわない。

金田式で音楽を聴いて、良い音と感じ幸福感に包まれる今という時間、それで十分である。・・・

|

« 新アナログレコードのデジタル化(3) | トップページ | シミュレーションは難しい(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

nakaさん
こんばんわm(__)m
>精度表示の逆がHOTは間違いないです。
間違いなくてよかったです。
スケルトン化の音を楽しんでください。
本当にオリジナルタクマンに比べると
ざら付きが無くなり素直な情報量の多い音に
感じると思います。・・・

投稿: LA4 | 2010年10月28日 (木) 20時16分

昨日、日本橋電気街を不足部品を買うためブラついてきました。
気になっていたタクマンの方向性の謎も解けました。精度表示の逆がHOTは間違いないです。隙間の幅が広い方になります。ただし、隙間が左右同間隔のときは削り始めが丸みを帯びている方がHOTです。逆側は楔状になっています。
流れに逆らわないほうがよいようですね。

投稿: naka | 2010年10月28日 (木) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49862947

この記事へのトラックバック一覧です: 選択と決断:

« 新アナログレコードのデジタル化(3) | トップページ | シミュレーションは難しい(2) »