« dcampmaniaさん宅への襲撃 | トップページ | レコードのデジタル化再開 »

金田式試聴会感想

田無に向かう前に秋葉に寄り、慌しくキャノンコネクタや手持ちのなくなったタクマンを購入しました。

かなり風景が変わっていて間誤ついてしまい完全なおのぼりさん状態でした。(^_^;)

Rimg1377_r

肝心の試聴会の感想です。

12時半位に入ったのですが、すでに会場はほぼ満席状態で金田式ファンの多さにビックリです。

幸か不幸か私の座った席は後方の中央なので大音量の直撃は避けられますが、その代わりピントの合った音が聴けませんので音に関しては的外れかも知れません。

始まって暫くすると予備のいすが次々追加されていきました。

(250名以上は居たと思いますが若い人の姿も有り、若い金田式ファンも育っているのを感じました)

Rimg1346_r

試聴会に使われたレコードなど

1_r

金田さんの満面の笑みを浮べた挨拶で始まりました。

Rimg1358_r

バッテリーパワーアンプ郡

最初なかなか一番興味有るバッテリープリ+バッテリーパワーの組み合わせが出てこないのでやきもきしてしまいました。

金田さんの興味が12月号に掲載予定のパワーアンプのお披露目に有るのが解ります。

Rimg1371_r

12月号に載るらしいパワーアンプ

MJ編集部の方が挨拶で「トランスレスなので困っ・・・・」という言葉が耳に残りました。

* 私は感電など事故の可能性の有る物はいくら趣味の雑誌でも出版社が記事として出すべきで無いと考えていますので困ったなどと言う位ならきちんと対応すべきと思っています。事故が起こってからでは取り返しが付かないと考えているからです。

私が一番印象に残ったのは球のハイブリッドプリとバッテリーパワーの組み合わせの音でした。

空間表現がすばらしく感じました。

最初のバッテリープリ+真空管パワーの組み合わせの音は大音量のせいと試聴位置が後方だった事もあるかも知れませんが高域がきつく感じました。

第三部でのプリ交換比較実験ではNo210との組み合わせが1番力強さが無いように感じてしまいました。

Rimg1350_r

マルチでやる時にはこんな風に作るとどのアンプの組み合わせでも使えるので便利そうですね。

DACはやはり真空管の音が良かった様に感じました。

総じて音量が大きかったので長丁場で聴くのは疲れました。

それと是非聴きたかった「HOLY LAND」の24bit/96Kの音源を聴かせてもらえなかったのは残念です。

金田さん待望のDC録音音源で有り、私もそうですが皆さん満足した音で鳴らす事に苦労している音源を金田さんがどう料理して聴かせてくれるか大いに期待していただけに残念でしたし一言も触れられなかったのは不思議な感じでした。

自分がNo209風FET出力の音がお気に入りなので金田さんに直に「バッテリー駆動のFETアンプは発表なさらないのですか」と伺ったのですが「作るのは簡単だけど効率が悪いからね。パイポーラでこの音で十分でしょう」との事でした。

取り急ぎの感想なので思い出したことがあれば追加書き込みします。

試聴会終了後dcampmaniaさんと合流して食事しながら感想を述べ合い楽しい一時でした。

ありがとうございましたm(__)m

同じ趣味の人と語り合うのは本当に楽しいですね。(お酒も入っていますので本音トークが飛び交いました(^_^;))・・・

|

« dcampmaniaさん宅への襲撃 | トップページ | レコードのデジタル化再開 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

MKさん
こんばんわm(__)m
>「トランスが売れないから」ということでした。
そうなんですか、営業上のことだったんですね。
だとすれば私としては本当に寂しい言葉に感じます。
金田さんがトランスレスを初めて発表した頃
極性を間違えると感電すると記事に書かれていたので、その時からそんな危ない記事を平気で掲載する編集部に疑問を感じていました。
金田さんが、これを作り発表したいと考えるのは自由ですし技術者として至極当たり前の欲求だと思います。
もちろんその記事を読んで作る方もそれなりの知識、技能があられる方々なので心配ないでしょう。
でも一緒に住まれている家族、特に子供が解らずにいじって感電したらどうするのだろうと思っていました。(ましてやそれが原因で重大事故になったら・・・)
作った方の自己責任なのは当然ですが、解らず感電して万が一子供がなくなったら何処に責任があるのだろうと考えてブログに書き込みました。
編集部、金田さんにも責任の一端が及ぶのではないかと危惧しました。
記事を出す出さないの最終責任は出版社に有るのですからよく考えて欲しいと金田式アンプファンの一人として思ってしまいます。

投稿: LA4 | 2010年10月19日 (火) 19時15分

こんにちは。私も試聴会に行きました。
トランスレスなので困るという編集長の発言は「トランスが売れないから」ということでした。
トランス屋さんでもない編集長が困るというのは、雑誌の広告の誘致の面でマイナスということではないかと理解しました。

投稿: M.K | 2010年10月19日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式試聴会感想:

« dcampmaniaさん宅への襲撃 | トップページ | レコードのデジタル化再開 »