« No136風FETイコライザーAOC&BF(2) | トップページ | No136風FETイコライザーAOC&BF(3) »

No136風FETイコライザー(AOC)BF有・無

BF有り・無しをシミュレーションしてみました。

Fet_3

この回路でバッファを付けた状態と削除した回路で試してみました。

まずバッファ無しで20KΩで受けた場合

No136fetbf_r

バッファ無しで820KΩで受けた場合

No136fetbf_r_2

バッファ付Fet_r

こちらは20KΩで受けても820Kで受けても変化は見られませんでした。

逆に言うと820KΩなど高抵抗受けていらっしゃる方はBF付加により余計な回路が増えますのでその分音が悪くなるのではないでしょうか。

私のように20KΩのボリュームで出力を受ける場合BF付加した方が音が理想NFBに近いので良く感じるのはその為かもしれません。・・・

 

|

« No136風FETイコライザーAOC&BF(2) | トップページ | No136風FETイコライザーAOC&BF(3) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/50037282

この記事へのトラックバック一覧です: No136風FETイコライザー(AOC)BF有・無:

« No136風FETイコライザーAOC&BF(2) | トップページ | No136風FETイコライザーAOC&BF(3) »