« ALL FET プリメインアンプ | トップページ | 久しぶりにCDを聴く »

ALL FET プリメインアンプまとめ

最終的な回路とパターンです。

回路図

10n20allfet パターン図

10n20allfet_2

2SK134ALLFETパワーアンプと今回の10N20ALLFETプリメインのパワーアンプ部とを切り替えながらレコードを聴いたりCDを聴いたりしていました。

面白かったのはセリーヌ・ディオンの「S`IL SUFFISAIT D`AIMER」というCDを聞き比べた時です。

低域の押し出しは2SK134に豊かさを感じました10N20は低域の量感は負けるもののボーカルが前に出てきてボーカルが主で演奏が従の関係に感じました。

一方2SK134の方はボーカルと演奏とが同列に有り、ややもすると歌声が演奏の音の中にまぎれてしまう所も有りました。

以前Tr出力で感じたように音の重心が2SK134は下に有り10N20はTr程では有りませんが2SK134よりは上になるのが入れ替えて同じ曲を聴いた直後では感じます。

試聴後にふと感じたのは10N20の音はTrの2N3055に通じる所がある様な気がしてきました。

2SK134よりは明るめの音でハギレが良いような気がします。

FETの艶っぽさも有りつつ明るさも持ち合わせている感じでしょうか。(^_^;)

当然2SK134方に嵌る曲もあれば10N20の方が嵌る曲も在ると思います。

どちらでも不満なく音楽に没頭出来そうです。

2SK134の入手は難しいですが10N20の入手は未だ可能ようですから作り易いのはこちらの方かも知れません。・・・

|

« ALL FET プリメインアンプ | トップページ | 久しぶりにCDを聴く »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALL FET プリメインアンプまとめ:

« ALL FET プリメインアンプ | トップページ | 久しぶりにCDを聴く »