« ALLFETパワーアンプ | トップページ | ケーブルの向きと音 »

ALLFETアンプシステムの音

FETドライブTr出力プリメインアンプの改修が終わりラインアンプとしてALLFETパワーアンプと接続して試聴してみました。

ALLFETの音はエネルギー感に溢れ力強さと優しさを併せ持った音で満足な音でした。

プリメインのパワー部を使用してTr出力とALLFETパワーアンプと何回か入れ替えて音を聴いてもみました。

まあ自分で作った物だからでしょうが、どちらの音も違いはあれ気に入りました。

入れ替えた瞬間はTrの方はエネルギー感が乏しく感じてしまいますがセリーヌ・ディオンのCDより取り込んだ音源を聴くとTrの方がボーカルがくっきり前に出てくる感じです。

FETの方はTrに比べれば前には出てきませんが音楽と一体となり何とも言えぬ艶っぽさを声に感じます。

おそらく曲によってはより良く感じるものが違ってくるような気がします。

なによりの収穫はプリメインアンプがラインアンプとして使えることが解った事が一番でした。

次はADC内蔵をNo210イコライザと入れ替えた為、使っていないNo136AOC+BFイコライザ基板を

今回の作業で分解したTr出力パワーアンプのケースに収めてイコライザーアンプとして復活させてALLFETレコード再生システムとして使えるようにする予定です。・・・

|

« ALLFETパワーアンプ | トップページ | ケーブルの向きと音 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALLFETアンプシステムの音:

« ALLFETパワーアンプ | トップページ | ケーブルの向きと音 »