« ALLFET完対フラットアンプ(4) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ非反転入力 »

ALLFET完対フラットアンプ音(2)

ALLFET完対ラインアンプを反転入力から非反転入力、非VGAにして試聴してみました。

曲が始まってまず感じたのは電源ON直後という事も有るのでしょうが

・ 原因は判らないが何故か安心感のある音に感じる

・ 音が反転入力に比べて平面的に感じる。

・ 左右の広がりは反転入力よりは感じるがLH0032の音には及ばない。

と言うのが第一印象でした。

暫くそのまま聴いていたのですが、ふと

「待てよ!反転入力という事はスピーカーの接続も+、-入れ替えて位相を反転しなければいけなかったのではないだろうか」

という考えが浮かんで来ました。

そこで早速パワーアンプの出力ターミナル側でスピーカーへの配線を+、-を入れ替えて聴いてみました。

案の定、前日聴いた反転入力の音と同じ印象の音になりました。

つまり反転入力同様の奥行き感が有る様に感じたのです。

手前に定位するはずの音が位相が逆の為奥に定位していたので

奥行きを感じたのではないでしょうか。

元の配線に戻ししばし音に集中していると脳がエージングされるのか、

昨日の音の理屈を納得したのか心地良く昨日と同じ

「トッカータとフーガ」「MY BACK PAGES」「春の祭典」「四季」

と立て続けに聴き入っていました。

そこである疑問が湧いてきました。

最近の記事のプリではレコードは非反転入力、CD等は反転入力の回路になっていますが

皆さんレコードとCDを聴く時にはスピーカーの位相を一々逆に配線し直しているのでしょうか。?

それともCD入力のピンジャックで配線をクロスさせていらっしゃるのでしょうか?

雑誌の記事の中身を単に私が見逃しただけなのか、その辺の内容の書き込みを読んだ記憶が有りません。

考えているうちに、昔の記事で見た様な気もしないでもないという気にはなってきました。

又、オーディオマニアには当たり前の事なのであえて書いていないのかなとも思ってきました。

何れにしても、このまま非反転でエージングを続けてみます。・・・

|

« ALLFET完対フラットアンプ(4) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ非反転入力 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

名無しさん
お早うございますm(__)m
どう返事をすれば良いのか解りません。
申し訳ありません。・・・

投稿: LA4 | 2010年12月 3日 (金) 11時15分

完対が完対にあらずが原因かもしれません。
ドライブ段はどう考えても非対称です。

投稿: | 2010年12月 3日 (金) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/50196609

この記事へのトラックバック一覧です: ALLFET完対フラットアンプ音(2):

« ALLFET完対フラットアンプ(4) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ非反転入力 »