« ALLFET完対パワーアンプシミュレーション(1) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ音(2) »

ALLFET完対フラットアンプ(4)

LH0032ラインアンプに比べての横の広がりの少なさに感じた不満を我慢出来ず非反転入力

VR受けを試してみようと改修に取り掛かりだしました。

LH0032ラインアンプの壁の存在を感じさせない音を今回のラインアンプで如何しても再現したいです。

本当は原因が判らなくなるのでやってはいけないとは思いますが初段の半固定抵抗をλ-13TからN-13T(別の基板より移植)への変更を同時にして見ようと思います。

・・・・・・・・・・

大田邦夫クインテット「MY BACK PAGES」 TBM3002 

ウエルナー・ヤコブ「トッカータとフーガ」 DOR-0135

をデジタル化して試聴しましたが今回のイコライザーアンプ&ラインアンプでは問題の横への広がりを除けば文句なしの再生音でした。

クリア、各楽器の分離の良さバランス文句のつけようが有りませんでした。

ただ1点の不満をより感じてしまったので改修となってしまいました。(^_^;)・・・

|

« ALLFET完対パワーアンプシミュレーション(1) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ音(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんばんわm(__)m
京都の夜は寒いでしょうね。
こちらは雨で妙に暖かくタクマンの皮むきで
汗が出るくらいでした。(^_^;)

>簡単には全て良しとは行かないものですね
本当にそうですね。
他に不満が無いだけになおさら感じたのかも知れません。
お気をつけて旅行を楽しんで下さい。m(__)m

投稿: LA4 | 2010年12月 2日 (木) 21時22分

こんばんは、えふです。
簡単には全て良しとは行かないものですね。でも、基本的には素晴しい音のようでその点が救いでしょうか(>_<)
(京都にて)

投稿: えふ | 2010年12月 2日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/50192105

この記事へのトラックバック一覧です: ALLFET完対フラットアンプ(4):

« ALLFET完対パワーアンプシミュレーション(1) | トップページ | ALLFET完対フラットアンプ音(2) »