« FET_Tr出力パワーアンプ作製(3) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(2) »

FET_Tr出力プリメイン(1)

流用できそうなケースがNo210で使っていたプリアンプ用しか残っていないので

パワーアンプ専用でなくいっその事CD専用でプリメインに再挑戦しようかなという気になってしまいました。

DAC内蔵ラインアンプの回路に少し手を加えたパターンとパワーアンプの回路はそのままに1つのケースに入れてしまえという魂胆です。

パワーアンプの出力Trの発熱が余りに少なかったのでケースの両サイドのパネルに取り付ければAT-1 2枚くらいは内蔵できそうです。

回路図

Fet2n3055

パターン図

Fet2n3055_2

どうにかAT-1 1枚にプリ、パワーの片チャンネルの回路が収まりそうなパターンが出来ました。

抵抗値に関しては実際の測定値に合わせて変更が必要になると思います。

何時もの事ながら実際に動作するのかどうか作ってみてのお楽しみです。・・・

--------

昨日載せられなかったのですがFET_Trに流用する為に分解したNo210を分解前に記念写真を撮り1時間程度音を聴いてからバラしました。

Rimg1438_r

久しぶりに聴いたNo210の音も決して悪くは無かったです。

少し力不足な所と音に荒さを少し感じただけです。

聴いたおかげで分解する事を躊躇わずに済みました。(^_^;)

|

« FET_Tr出力パワーアンプ作製(3) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/50228449

この記事へのトラックバック一覧です: FET_Tr出力プリメイン(1):

« FET_Tr出力パワーアンプ作製(3) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(2) »