« FET_Tr出力プリメイン(4) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(6) »

FET_Tr出力プリメイン(5)

何とかケースに収める所まで辿り着きました。

Rimg1445_r

Rimg1446_r

今回心配したよりはすんなりと基板単体チェックは出来ました。

ただやはりラインアンプの補正抵抗、コンデンサは取り付けないと発振気味でした。

ラインアンプ、パワーアンプ各々単独での調整では補正が無くても異常は見られなかったのですが、ラインアンプとパワーアンプを接続して調整しようとすると補正無しではまともに調整できず終段2N3055が見る見る熱くなっていきました。

これから配線に取り掛かります。

明日には何とか音だしまで出来そうです。・・・

-----------

昨晩は昨年の試聴会音源を中心に聴いてみました。

拍手などより臨場感の溢れる音はFET出力に感じました。

しかし楽しく聴けたのはTr出力の方です。

明るく歯切れの良い音が聴いていて楽しさを感じてしまいました(^_^;)。

|

« FET_Tr出力プリメイン(4) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(6) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FET_Tr出力プリメイン(5):

« FET_Tr出力プリメイン(4) | トップページ | FET_Tr出力プリメイン(6) »