« ALLFET IVC_DSCDACとCD | トップページ | ALLFET IVC_DSCDACとレコードのデジタル化音源 »

ALLFET IVC_DSC 完成(2)

事の発端は昨夜何枚かCDを聴いていて古いCDでは全然問題なかったのですが

最近のCDをかけた所酷い音割れがした事です。

「Image3」と言うCDですがCD自体のゲインが大きいので冒頭から音割れしました。

そこで出来るだけ最近購入したCDをかけると音割れする物が結構な数有りました。

根本的に原因追求しないといけないと思い再度シミュレーションしてみました。

入力信号レベルを極端に上げたりして波形が歪まない様に試してみましたが初段の電流を下げると多少改善するようでした。

そこで早速変更作業に取り掛かりついでにアイドリング電流ももう少し上げておこうとして、ここで本当に恥ずかしい失敗に気がつきました。(^_^;)

余りに初歩的ミスで書くの恥ずかしいのですが読んでくださる方の何かの参考になればと思い書き込みいたします。

IVCのアイドリング電流設定の抵抗値を一桁間違って取り付けていました。

2.8KΩを付けるべき所に28KΩを取り付けていました。

つまりアイドリング電流8mAに設定したつもりが0.8mAしか流れていなかった事になります。

これでよくまともに聴けた物です。(恥ずかしくて穴があったら入りたいくらいです(^_^;))

IVC4台とも同じ間違いをしていましたので正常値に交換後試聴してみましたら、ようやくまともと言いますか大きすぎると言いますか、かなり大音量で歪みや音割れも有りません。

DSCの入力抵抗も2KΩでは未だ音が大きすぎましたので3KΩにしました。

IVCアイドリング電流 10mA

DSCアイドリング電流 20mA

に設定しました。

原因が判って単純ミスは恥ずかしい事ですがまともになってホッとしました。

これで本当に完成です。・・・

|

« ALLFET IVC_DSCDACとCD | トップページ | ALLFET IVC_DSCDACとレコードのデジタル化音源 »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALLFET IVC_DSC 完成(2):

« ALLFET IVC_DSCDACとCD | トップページ | ALLFET IVC_DSCDACとレコードのデジタル化音源 »