« LIB駆動GOA8Wパワーアンプ試聴(2) | トップページ | 真に駄耳の証拠!!AC駆動 vs LIB駆動 »

LIB駆動GOA8Wパワー vs AC駆動ALLFETパワー試聴

マイルス・デイビス、ビル・エヴァンス、ヴィヴァルディの曲を聴き比べてみました。

まとめとしてはどちらも満足で甲乙付けられませんでした。

LIB駆動GOA8Wパワーは力強い音でスコーカー中心で音が鳴っておりトランペットの音が自分自身が録音マイクになって聴いているような存在感感が有ります。

ヴィヴァルディの曲も楽器の定位がLIB駆動GOA8Wの方がしっかりしているように聴こえました。

ただ少し高域よりの音に感じ一寸違うかなと思うところも有ります。

AC駆動ALLFETパワーの方は控えめな性格なのか比較すると音全体が奥に半歩引いた感じです。

こちらはスコーカーが自己主張する事無くスピーカー全体でバランス良く鳴っている様に思います。

ヴィヴァルディの曲でも定位は比較すると少し曖昧になりますが響きに潤いというか艶がありバイオリンの音はしっくり来ます。

(かといって初段定電流Trを変更してからのLIB駆動GOA8Wパワーの音に潤いを感じないわけでは有りませんがAC駆動ALLFETパワーに比べれば控えめです)

曲によってしっくり来る音の違いが有り本当に甲乙付けがたいです。

両方のアンプともネガティブな所が無く両雄並び立つ感じです。

今まではどちらか1台選べと言われたら甲乙付けがたいけれど、じゃあこちらと選べたのですが、今回ばかりは選べません(^_^;)

不思議な気持ちなのですが、お互いの不得意な部分を補完した音も求めていません。

人の気持ちは本当に不可解です。(きっと補完しようとするとお互いの長所までスポイルされそうで怖いのかもしれません)・・・

|

« LIB駆動GOA8Wパワーアンプ試聴(2) | トップページ | 真に駄耳の証拠!!AC駆動 vs LIB駆動 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LIB駆動GOA8Wパワー vs AC駆動ALLFETパワー試聴:

« LIB駆動GOA8Wパワーアンプ試聴(2) | トップページ | 真に駄耳の証拠!!AC駆動 vs LIB駆動 »