« No209風VGAパワーを考える | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) »

No209風VGAパワーアンプ作成開始

まともに動作するか少し不安では有りますが作って見ない事には解りませんので作って見る事にしました。

予定通りTrは全てメタキャンです。

Rimg1521_r

あとは抵抗とコンデンサ取り付けのところまで進みました。

手持ちのタクマン1Wが足り無い所は1/4Wで取りあえず組んでみようと思っています。

(ここに至っても本家スケルトンは使用する気になれずにいます(^_^;)。出力段ではないので容量的には大丈夫ではないかと思います)

殆どの部品はジャンク基板からの流用品なのでTrのペアリングをatlasDCA55で測定しなおしました。

今更ながらですが過去作った基板のペア品は若松から購入したペア品で測定もせずに使った物なのですが、これがペアか?と疑問に思うようなずれた物も有りました。

こういう時にatlasDCA55みたいな測定器は本当に重宝します。・・・

|

« No209風VGAパワーを考える | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No209風VGAパワーアンプ作成開始:

« No209風VGAパワーを考える | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) »