« 六日ぶりに聴く音 | トップページ | No209風VGAパワーアンプ作成開始 »

No209風VGAパワーを考える

上手く動作するかどうか解りませんがシミュレーションをやってみて動作しそうなので

パターンを考えてみました。

N0209_vga_power

今回は反転入力VGA、エミッタ抵抗無し、ALLメタキャンで試してみるつもりでパターンを考えてみました。

エミッタ抵抗無しで試してみようと思ったのはGOAパワーアンプの音の良さがエミッタ抵抗無しによる所が大きい様な気がするからです。

オリジナルNo209ではFETパワーと比べて力の無さが歴然としていましたがGOAパワーでは負けず劣らずの様に感じましたので試してみたいと思いました。

心配なのはIoの安定性だけですが、これは作ってみて酷ければその時対策を考えたいと思います。

シミュレーションは2SK30、2SA970、2SC2240で試しましたがシミュレーションでも相変わらずIoが少しの抵抗値の変動で大幅に変化しますので実際の抵抗値はパターン図とは大幅に異なるだろうと思います。

果たしてまともに動く物なのかどうか、こればかりは実際に作ってみないと何とも言えません。(^_^;)・・・

|

« 六日ぶりに聴く音 | トップページ | No209風VGAパワーアンプ作成開始 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No209風VGAパワーを考える:

« 六日ぶりに聴く音 | トップページ | No209風VGAパワーアンプ作成開始 »