« No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(3) »

No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(2)

単体チェックまで進みました。

Rimg1523_r

ここでLED配線パターンの間違いに気が付きましたので修正しました。

N0209_vga_power

又、1枚の調整が終わり電源配線を取り外す時バッテリーをショートさせた様で、その事に気付かず2枚目の調整がどうも上手く行かず悩みました。

定電流の電流値調整がどうやっても上手く行かず悩んだ挙句電圧チェックしたら-側が5Vしか電圧が有りませんでした。

ここでようやくバッテリーをショートさせた事に気が付きました。

電池交換して次に進みましたが、ここでも又もや失敗です。

Io調整用ボリュームを元に戻していなかったのでパワーONで測定用10Ω抵抗が一瞬で火を噴き、お供に貴重なドライバーTr2SC959を道ずれにされてしまいました。

2SC959を交換してIo調整用ボリュームを最大にして再調整で、ようやく基板単体チェックが終わりバラック状態での配線を実施中です。

Rimg1525_r

只のバラック状態と言う訳にも行きませんので以前のDACケースに仮組中です。

仮組の為配線の向きも気にせずやっています。(^_^;)

今日中に音出しまで出来れば良いのですが・・・

|

« No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(3) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(2):

« No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(1) | トップページ | No209風ALLメタキャンVGAパワーアンプ(3) »