« LIB駆動比較 | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(3) »

ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(2)

押しボタンスイッチが流用品では有りますが使えそうな物が見つかりましたのでケースを作り直す事にしました。

Rimg0074_r

パイオニアのLD-Gに使われていた基板の基板実装タイプでは有りますが使えそうな感じなので、このスイッチをスタート/ストップスイッチとして流用します。

スイッチのノブはアルミの丸棒を加工して取り付ける予定です。

加工はさすがに汎用のボール盤

Rimg0077_r

では厳しいと思われますのでイヤーフォンER-4Sのピン作製以来使用していないマイクロフライス盤を使用するつもりです。

Rimg0076_r

Rimg0075_r

まずはベースとなる底板部をアルミLアングルで組みました。

構想的には2階建てにしてあわよくばADCも移植組み込みしたいです。

これから制御アンプをばらして徐々に移植していこうと思います。・・・

|

« LIB駆動比較 | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(3) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(2):

« LIB駆動比較 | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(3) »