« ±7.2VLIB駆動ALLFETパワーアンプ(2) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) »

±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(1)

中々はかどりません。

2日かかってようやくここまで出来ました。

Rimg0043_r

Rimg0044_r

Rimg0045_r

未だ50%位の進み具合です。

使用した板はアルミとアクリルの複合材ブロンズ色です。

今回LIB交換はフロント側から交換できるようにしています。

その為今回は下カバーを取り付けました。

前面中央部の白い部分に電源SW、ボリューム、電源ランプを集中させます。

茶色い部分を左右にスライドさせてLIB交換します。

200mA流している割には発熱も少ないので一寸大げさなヒートシンクですが、これもLUXMAN505Xに使われていたヒートシンクの流用です。

UHCMOSパワーアンプでも一体型に出来そうな大きさで±7.2V LIB駆動mosFETパワーアンプには少し大げさなケースになりそうです(。^_^;)・・・

|

« ±7.2VLIB駆動ALLFETパワーアンプ(2) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(1):

« ±7.2VLIB駆動ALLFETパワーアンプ(2) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) »