« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(1) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース完成 »

±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2)

ケースが何とか形になりましたので只今移植作業中です。Rimg0046_r

・・・・・・・・・・

昨夜

AC駆動(±15V) : 完対UHCMOS、完対ALLメタキャンTr

LIB駆動(±7.2V) : 完対ALLFET(K134)、GOATr

でCDの同じ曲を聴き比べて見ました。

PDR-D7→金田式DAC→各アンプ→オンケンの構成です。

LIB駆動を先に聴いてしまいましたのでAC駆動の音がベールが1枚掛かった音に感じてしまいました。

又、LIB駆動同士でも横の広がり、奥行き感がTrアンプに比べると劣るのですが何故かmosFET(K134)の音が気に入ってしまい、色々作っては見た物の、めぐりめぐって又もmosFETアンプが結局はお気に入りとなってしまいそうな気がします(^_^;)

|

« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(1) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース完成 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

DCアンプマニアさん
コメントありがとうございますm(__)m
>やはりmosですか、私もそうなりそうな予感が
±7.2VLIB駆動だとmosFETには厳しいのかなと思っていたのですが±15V駆動より低域の量感があり高域もクリアに感じるとは思ってもいませんでした。
アンプは電源電圧が高い方が音が良いものと思い込んでいましたがLIB駆動に関しては当てはまりませんでした(^_^;)・・・

投稿: LA4 | 2011年3月 4日 (金) 08時57分

LA4さん こんばんは
やはりmosですか、私もそうなりそうな予感が
それもGOAで、・・・・・やはり最初に聴いた、ビギナーズラックってあるんですかね?

投稿: DCアンプマニア | 2011年3月 3日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2):

« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(1) | トップページ | ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース完成 »