« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) | トップページ | ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(1) »

±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース完成

一先ずケースが基板移植も終了し完成しました。

Rimg0051_r

Rimg0054_r

バッテリ交換はフロントより行います。

中央部の半透明アクリル板は2枚重ねにしてブロンズ色複合板のエッジが入り込むようにして有ります。

Rimg0055_r

電源ランプは半透明アクリル板を通して浮かび上がる様にしました。

Rimg0053_r

ケース内部です。

Rimg0059_r

ヒートシンクごと基板と入出力端子をセットにしましたのでそのまま引き出せます。

電源スイッチは背面に取り付けましたので前面はボリュームのみのシンプルな物になりました。

Rimg0056_r

比較の為前回のLIB駆動GOAパワーアンプの上に乗せてみました。

次はAC駆動No209風ALLメタキャンアンプを±7.2VLIB駆動でも動かせるように改造してみたいと思っています。・・・

|

« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) | トップページ | ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース完成:

« ±7.2VLIB駆動完対ALLFETパワーケース作製(2) | トップページ | ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(1) »