« ADC用ケース作製準備 | トップページ | ADC用ケース作製(2) »

ADC用ケース作製(1)

ようやくフレームが出来ました。

Rimg0112_r_2

取り付けたトスリンクTX178が調べたら48Kまでしか対応していない事が解りましたので44.1K/98Kの切り替えスイッチを取り付けました。

今回のケース作製で思わぬ拾い物になりそうなのが日開 M-2040という電源スイッチです。

Rimg0111_r_2

昨年の金田さん試聴会の為上京した折秋葉で単なる4回路ON/OFFスイッチのつもりで購入して帰省後間違いに気が付き放置していた物です。

このスイッチは2段階になっており中間で2回路ON、次段で4回路全てONになります。

以前はデジタル部とアナログ部で電源スイッチ2個使用していましたが、このスイッチなら

スイッチ中間の2回路ONでアナログ部をONして終段でデジタル部をONになる配線にすれば電源スイッチがこれ1個で足ります。

本当に拾い物かどうか配線後試して見ます。・・・

追記

書いた後に気が付きましたがこのスイッチなら2電源パワーアンプのポップノイズ低減にも使えますね。

中間でドライブ段ONに配線して次段で出力段のTr又はFETをONに配線すれば2電源でも出力段が先に立ち上がる事は物理的に有り得ませんのでポップノイズがなくなるのではないでしょうか

|

« ADC用ケース作製準備 | トップページ | ADC用ケース作製(2) »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC用ケース作製(1):

« ADC用ケース作製準備 | トップページ | ADC用ケース作製(2) »