« ADC用ケース作製(1) | トップページ | ADC用ケース作製完了 »

ADC用ケース作製(2)

内部配線が終わり音出しして見ました。

Rimg0115_r

Rimg0114_r

Rimg0113_r

イコライザ内蔵制御アンプ→ADC→DAC→ALL メタキャンTr VGAパワー

と言う構成で同軸で接続して試して見ました。

今回と以前の違いは

・ 非反転入力(コスモス 20KΩボリューム受け)→反転入力 VGA(東京光音ボリューム100KΩ)

・ トスリンク追加

・ 44.1K /96k 切り替えスイッチ追加

です。

未だ真剣には聴いておらずとりあえず音が出ましたという所です。

44.1K/98Kは上手く切り替わりましたが光での接続は今の所上手く行っていません。

単純に同軸出力コネクタとパラに接続しただけでは駄目の様です。

次は外装を施します。

光についてはその後ゆっくりと原因を追究して行こうと思います。・・・

追記

思いついてトスリンクの配線をS/PDIFの出力ジャック側でなくDIT4192 18番ピンに繋がっている300Ωのピン側とグランド間に接続したら光出力出来ました。

同軸と光ケーブル両方をDACに接続しDAC側で入力切替して試しましたが両方とも音が出ました。

こうなるとDACのトスリンク配線をしっかりとやり直さないといけません。

光入力に余り興味が無かったのと試しということも有りパソコン用フラットケーブルの線で配線をしてしまいました。

正式にモガミとダイエイ電線で再配線して少しでも音を良くしたいと思います。・・・

|

« ADC用ケース作製(1) | トップページ | ADC用ケース作製完了 »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC用ケース作製(2):

« ADC用ケース作製(1) | トップページ | ADC用ケース作製完了 »