« DAC修復作業(No213タイプへ変更)(3) | トップページ | 金田式No213風DAC(1) »

DAC修復作業(No213タイプへ変更)(4)

ようやくバラック状態での正常音出しが出来ました。

単行本の多機能デジタルのDAI_DACの誤植のまま配線したのが失敗だったようです。

改造したIVC基板は問題ありませんでした。

Rimg0100_r

M-5100SHのデジタル出力を接続しPC用アンプ内蔵スピーカーONKYO GX-70AXに繋ぎ音出ししました。

今回はIVC用とDAI_DACの電源は共用でLIB2個使用で+側に5V、3.3Vレギュレータを繋いでいます。

Rimg0102_r

PCBEで写真の様にパターンを作りPCの画面と記事の回路図を見比べながら配線チェックをやりました。

MJ来月号の後編では誤植が無ければよいのですが。

これからケーシングに入りますが使用する事が少ない±7.2VLIB駆動GOAパワーアンプをばらしてケースを流用しLIBも内蔵にしようと思います。

電源コネクタ挿し間違いで壊すのは、もうこりごりです。・・・

|

« DAC修復作業(No213タイプへ変更)(3) | トップページ | 金田式No213風DAC(1) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAC修復作業(No213タイプへ変更)(4):

« DAC修復作業(No213タイプへ変更)(3) | トップページ | 金田式No213風DAC(1) »