« ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(2) | トップページ | LIBケース作製(2) »

LIBケース作製(1)

ターンテーブル制御アンプ&イコライザーアンプ一体化に先立ちLIBケース作製から始めました。

Rimg0062_r

Rimg0063_r

5V、3.3Vレギュレータも内蔵する予定です。

その為LIB取り付け位置を5cm程上に上げました。

肝心の制御アンプの方は現有の制御アンプケースにイコライザー、フラットアンプ基板を乗せるスペースがかろうじて有りそうなので新規ケース作製の前に改造して試して見たいと思います。

----------

昨夜DACのAC電源を久しぶりに

Rimg0967_r

Rimg1542_r

で入れ替えて聴いてみましたが最近下の写真の電源ばかり使っていてこちらの音に脳が最適化されている為か写真上の電源では低域の量感が減り高域が荒く感じてしまい10分聴いていられませんでした。

写真下の電源では写真上を聴いた後では、僅かに篭りを感じますが低域の量感が有り高域の荒さも無く自然な音色に感じました。

正直写真上の電源の方が音が良い予定だったのでビックリしましたし、ここまで電源で音が変わるのかと改めて電源の大切さを実感しました。

これがmosFETパワーアンプでなくTrパワーアンプだったら違う感想だったのかもしれません。・・・

|

« ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(2) | トップページ | LIBケース作製(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LIBケース作製(1):

« ターンテーブル制御アンプイコライザアンプ一体化構想(2) | トップページ | LIBケース作製(2) »