« ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(1) | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(2) »

LIB駆動比較

昨日mosFETとGOATrパワーアンプをLIB駆動DACで比較試聴してみました。

Trも低域の量感がmosFETに負けず劣らず有り高域の表現がmosFETとは一味違い中々好印象でこちらがメインでも良いのではなどと思ってしまいました。

でも直後もう一度mosFETで聴いてみると音の定位や分解能がTrはFETには及ばないのが解ってしまいます。

「やはり私はmosFETの音が好みなのだ」と比較試聴で一人納得しました。

次に実用性は有りませんが試しにUHC MOSをLIB駆動させてみました。

音が出た瞬間音のあまりの違いにビックリです。

空間の広がりが半端ではありません。

上手く表現出来ませんがテニスコートがいきなり野球場の広さになったくらいの感覚でした。

落ち着いて聴くと低域の量感が他の2台のアンプに比べると随分控えめで音の定位や分解能がmosFETには及びませんでしたが空間の広がりだけは印象的でした。

消費電流、発熱を考えればLIB駆動は実用的では有りませんので本当にお試しだったのですが空間表現がすばらしかったのでついつい書き込みしました。(^_^;)・・・

|

« ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(1) | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/51072906

この記事へのトラックバック一覧です: LIB駆動比較:

« ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(1) | トップページ | ターンテーブル制御アンプへのイコライザアンプ内蔵(2) »