« LIBケース作製(1) | トップページ | LIBケース完成 »

LIBケース作製(2)

外装を除き配線、出力確認まで終わりました。

Rimg0064_r

Rimg0065_r

Rimg0069_r

±15V出力は2系統パラに配線してターンテーブル制御アンプとイコライザ内蔵ADCに同時に供給出来る様にしました。

DACとADCを同時に使う事は有りませんので+5V、+3.3V出力は1系統だけにしました。

これでようやくDACのLIB駆動が再開できます。

以前LIB仕様の時の音を忘れているのでどんな音が飛び出すのか楽しみです。

-----------

昨夜久しぶりに「ホリーランド/藤井貞泰トリオ」のCDを聴いてみました。

ようやく、このCDの録音のすごさを垣間見た気がします。

曲自体は私の好きなジャンルでは有りませんので相変わらずのめりこむ事は出来ません。

しかし純粋にオーディオの音として聴いてみるとドラムの音の実在感があり空間表現事態もすごい物でした。

以前のシステムで聴いて「現在の自分のシステムがこの音源を再現し切れていないのだろう」と書き込みしましたが正にその通りだったのだと思い知らされました。

それと供にDCアンプマニアで無いとこの録音の真価が体験出来ないのであればやはり商業的には厳しいのだろうなと言う思いも強くなりました。・・・

|

« LIBケース作製(1) | トップページ | LIBケース完成 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LIBケース作製(2):

« LIBケース作製(1) | トップページ | LIBケース完成 »