« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ完成 | トップページ | No213風IVC(LH0032ver) »

±7.2V LIB駆動GOA改 vs No209風ALLメタキャン

ケースも完成しましたので少しばかり聴き比べをしてみました。

使用パーツがTr、抵抗、コンデンサと同じパーツを使用していますので回路の違いによる音の比較になるのではないかと思っています。

使用パーツが殆ど同じと言う事も有り音色は似通っています。

・ No209風ALLメタキャン

音がスピーカーから離れて前に出てくる感じです。

比較すると解像度が少し甘く感じます。

・ LIB駆動GOA改

解像度が高く、音の浸透力が優れているのか離れた位置でも音が痩せません。

音がスピーカーからはなれて前に出て来る感じは無く、その点では平面的といえるかもしれません。

・・・・・・・・・・

±7.2V LIB駆動GOA改のVGAに使っているボリュームの配線の仕方で音が変わるのに驚いてしまいました。

ボリュームまで方向性があるのかと・・・

ケースに組み込んだ段階で電源ON/OFFのショックノイズが大きくなった様に感じましたのでヴォリューム配線により違うのだろうかと1と2を入れ替えてみたら音まで違いました。

ショックのイズは小さくなったものの左右の広がりが減り音が中央に集まって聴こえてしまい不満な音でした。

そこで逆向きに2と1で配線するとショックノイズは大きくなるものの左右の広がりは元にもどりこちらが私の好みの音でした。

*何回か試しましたがショックノイズに関しては向きは関係なさそうです。

 タイミングで大きかったり小さかったりします。

*便宜上1、2としましたがボリュームの可動端子と抵抗端子配線の入れ替えと言う事です。

VGAに使うのであまり音に影響は無いだろうと思っていたのですがVGAボリュームと言えども良く吟味しないといけないなと思い知らされました。・・・

|

« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ完成 | トップページ | No213風IVC(LH0032ver) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

takeさん
こんにちわ
良い音になって本当によかったですね。
スケルトンで一つだけ気がかりなことが有ります。
以前ヘッドフォン ER-4Sの改造で経験したのですがキャップがゆるくなったせいなのか、偶々その抵抗が悪かったのか判断できませんがエコーがかかった様な音に聴こえた事が有ります。
それ以降タクマンに替えてしまったので追試はしていませんので迷わせてしまう様な事でしたら申し訳ありません。m(__)m

投稿: LA4 | 2011年4月 9日 (土) 17時31分

LA4さん、ご返信くださりうれしくありがたく思っております m(_ _)m。

今も聴いて来ましたが、kontonさんには本当によいものをお教えくださったと、感謝して聴いておりました。

本日、抵抗を換えました。ススムからスケルトンへ。
よいのですが何となくウォームトーンに感じられ、うちにあるスケルトンのほとんどを使って交換してしまいした。

ロータリースイッチにスケルトン抵抗をハンダ付けする、何年ぶりのことだろう?、以前はどんな時だっけか?と感慨深く思いながらやっておりました。
交換後、最大音量が少し不足に思われ、反転入力の入力抵抗を下げ調整しました。

よりクリアで歪みない豊かな感じの音が得られたと思います。

以上ご報告いたします。
LA4さんのお蔭様で、いっそう聴くのが楽しみとなりました。大変ありがとうございました。心より御礼申し上げております。

投稿: take | 2011年4月 9日 (土) 14時11分

takeさん
コメントありがとうございますm(__)m
>今回、非常によい示唆をいただきました。
とんでもございません。
こちらこそお礼を言わなければなりません。kontonさんの掲示板でのtakeさんの書き込みを拝見しなければGOA基板は放置したままになっていたと思います。
本当に半信半疑でしたが改造してみてこれ程嵌るとは思ってもいませんでした。
部分的に見ればmosFET程低域は伸びていませんし
No209風ALLメタキャンの様に音がスピーカーより前に感じる事も有りませんが、両アンプとも特徴の裏返しで不満な部分が有ります。
所が今回のアンプに関しては解像度、力強さ等、低域の量感、高域の透明感等全体のバランスが良く満足度の高い音に感じています。
今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

投稿: LA4 | 2011年4月 9日 (土) 09時22分

こんばんは。kontonさんの掲示板でお世話になっておりますtakeです。あちらの板ではありがとうございます。

今回、非常によい示唆をいただきました。
VGAのVRについて、当方手持ちのあり合わせのものを使っていましたが、これではダメだというLA4さんの強い私へのメッセージと受け止めました。ありがとうございました。

そこで、ロータリースイッチを使い、アッテネーターの形にしました。
昔使ったロータリースイッチ、テクサンから当時ずいぶん高いなと思いながら購入したのでしたが。それを引っ張り出して、進のプレート抵抗を使って作成しました。

結果、LA4さんの言われるとおりでした。
> VGAに使うのであまり音に影響は無いだろうと思っていたのですがVGAボリュームと言えども良く吟味しないといけないなと思い知らされました。・・・

本当です。非常に歪みのないとろけるような音になりました。
劇的に変わり、昔、EQに使っていたディップマイカをSEに換えた時のことを思い出させるようでした。

どうもありがとうございました。
最高にすばらしい示唆をいただきました。メッセージ有り難く感謝申し上げております。

投稿: take | 2011年4月 9日 (土) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±7.2V LIB駆動GOA改 vs No209風ALLメタキャン:

« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ完成 | トップページ | No213風IVC(LH0032ver) »