« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(3) | トップページ | ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(5) »

±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(4)

トラブルに見舞われ対策が出来ず袋小路に入り込んでいます。

バラック状態では問題有りませんでしたがフレームに組み込み試聴した所片チャンネルのみ終段Trが熱を持ちアルミアングルの簡易放熱器では持ちそうも有りません。

アンプ単体で抵抗負荷8Ω接続ではなんら異常はなくオンケンに接続して音を出すと10分位で結構熱くなります。

両チャンネルが同じ現象なら未だ良いのですが片チャンネルのみなので訳が解らずいます。

抵抗負荷で問題なくてスピーカー接続で問題ありとなると発振なのでしょうか。

初段の位相補正を外したり、元GOAの抵抗値を変更したり、アイドリング抵抗を再度交換して調整したりしましたが変化無しです。

はてはオープンゲインが高すぎるのではと初段の抵抗を3.9KΩから2KΩにして試してみましたが今度はアイドリング電流の調整が上手く行かず結局3.9Kに戻したりと色々試してはいるのですが出で来る音が派手さは無いものの空間の広がりも有り良さそうなだけに何とかしたいと思います・・・

|

« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(3) | トップページ | ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(5) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(4):

« ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(3) | トップページ | ±7.2V LIB駆動GOA改パワーアンプ(5) »