« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | モーター制御回路記事の読み直し »

モチベーションが下がり気味です

レコードのデジタル化も今日はお休みです。

レコードを聴いたりCDを聴いたりしてまったりと過ごしています。

マリーンの「ジャスト・ア・ウーマン」はノイズも少なくかなり良い音でデジタル化出来ていました。

45回転の物はやはり33回転に比べると高域の伸び音の安定感が良いように感じますので何枚か持っている45回転物を暫くデジタル化して試してみたいと思います。

ターンテーブルの記事を読み返して来月号へ向けての構想を練ったり制御部の手持ちの部品をチェックしたりしましたが、SEコンデンサを除いて何とかNo124の制御回路ICは余裕がが有りそうです。

ストロボ検出用のGP2S22も以前購入したままになっています。

------------

不完全対象アンプの方は完対とは違い±7.2Vで問題なく惚れ惚れするような音を醸し出しています。

完対では電圧増幅段の+側に2.4Vを追加しないと歪みを感じる事が有りましたが、そういうことも無く聴けています。

来月号の制御アンプを作るときは以前作ったADC_DIT基板を

Rimg0163_r

(ロジック以外は抜き取って新たに作ったADC_DITに使ってしまいましたが)

再度組み上げて制御基板、イコライザ基板と一緒に内蔵してみようかなどと妄想しています・・・

|

« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | モーター制御回路記事の読み直し »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/51453449

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーションが下がり気味です:

« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | モーター制御回路記事の読み直し »