« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | とおるさんのIVC回路作製(5) »

とおるさんのIVC回路作製音がでました。!

IVCに問題なければDAC側に何か有るのではないかと思い見直しをしました。

そして大きな思い込みによる間違いを見つけて修正したら音が出ました。

とおるさんには、ご心配と迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。m(__)m

以前このDAC基板を試した時は±7.2Vの+側より5V、3.3Vレギュレータへ電源供給していました。

その為DACとIVCのグランドが共通になり問題なく動作していました。

今回とおるさんのIVCを試すにあたり±7.2Vとは別に5V、3.3V用にLIBを1個使用しました。

5V、3.3Vレギュレータのグランドは共通にして有ります。

DACの3.3V系のグランドにレギュレータからのグランドラインを配線していましたが、5V系のグランド配線が未配線となっていました。

前回の様に±7.2Vの+側から電源をとる場合はIVC入力とDAC出力間の配線にシールドケーブルを使用してシールドをグランドに落としていましたので5V系と3.3V系のグランドがIVCのグランドにより接続され問題なく動作しました。

今回LIBを別とした事でDACの5Vラインのグランドが接続されないと言う間抜けな事となりました。

とりあえずPCのスピーカーから音だししただけですが悪くは有りません。

これから出力のオフセットをみたり微調整に入りたいと思います。

とおるさん本当にお騒がせいたしまして申し訳ありませんでしたm(__)m・・・

|

« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | とおるさんのIVC回路作製(5) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

とおるさま
本当にお騒がせ致しました。
以前の音出しで正常だったもので
DACの5Vグランド配線は盲点でした。
大いなる見落としを思い込みで見逃していました。
音がでてホッとしております。
タクマンスケルトンは音が安定するまで結構時間かかります。
PCスピーカーでの出来立てほやほやの音の感想で
ケースに収めてみたいと思わせる音でしたので
ケースに収めた後1週間後の音が楽しみです。
日に日に良くなる事が経験上解っていますので。
現状PCスピーカーでの印象では奥行きの再現に若干エージングの十分進んだ現行DACに及びませんが
第一印象で可能性を感じていますので今後の楽しみです。
おそらくエージングが進めばとおるさまが仰っている
*ダイナミズム
*開放感(高域)
*安定感(低域)
*行間の静寂

が実感できる物と確信しております。
本当に心より感謝申し上げます。・・・

投稿: LA4 | 2011年5月 5日 (木) 19時37分

LA4さま
とおるです
まずは良かった!
音質比較で客観的なコメントをいただければ本望でございます。
と、いいつつ、私めの極めて主観的な感想を申し上げますと、

*ダイナミズム
*開放感(高域)
*安定感(低域)
*行間の静寂

えへへへへへ・・・・自画自賛ですね
すみません。
今後ともよろしくどうぞ。

投稿: とおる | 2011年5月 5日 (木) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんのIVC回路作製音がでました。!:

« Newアナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | とおるさんのIVC回路作製(5) »