« とおるさんのIVC回路作製(4) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(5) »

とおるさんのIVC回路作製お手上げ

今日も懲りずに触っていましたが、いよいよお手上げです。

2

上図の様な設定で単体チェックをして見ました。

入力はグランドに落として330Ωの両端電圧を測定しましたが

ベース設置の330Ω両端は5V位

その他の300Ω両端は4.5V位

有り各Trは動作している様な感じです。

電圧値はとおるさんの仰っている数値と違いますがTrが動作しているのかどうかを調べる為にやってみました。

再度DACに接続して測定すると数十mV単位でしか電圧が有りません。

ちょっとお手上げ状態です。

なにか思いつくまで放置プレイとなりそうです。・・・

|

« とおるさんのIVC回路作製(4) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(5) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

Phoenicia さん
こんばんわm(__)m
>調整はPCM1794を接続し、PCM1794無音状態の
私も調整のやりかたに自信がもてず、最初はDACを接続してやっていたのですがらちがあかなくなって単体チェックに突入しました。
正直お手上げ状態です。
とおる様が難なく調整されているので、とんでもない間違いを犯している可能性は大だと思うのですが思い浮かば無い状態です。
暫く頭を冷やすしかなさそうな気がしています。・・・

投稿: LA4 | 2011年5月 4日 (水) 19時55分

調整はPCM1794を接続し、PCM1794無音状態のセンター電流である6.2mAを流しながらやるんではないでしょうか。
上手く動くといいですね。

投稿: Phoenicia | 2011年5月 4日 (水) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんのIVC回路作製お手上げ:

« とおるさんのIVC回路作製(4) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(5) »