« とおるさんのIVC回路作製音がでました。! | トップページ | とおるさんのIVCファーストインプレッション »

とおるさんのIVC回路作製(5)

音が出ましたのでオフセットや330Ωの電圧を測定してみました。

Rimg0182_r

5V、3.3Vレギュレータの配線を±7.2Vの+側に変更してLIB2個使用にして測定しました。

オフセットは無調整で4mV

ベース接地の330Ω両端電圧1.9V

その他330Ω両端電圧 1.3V

となっており問題なさそうです。

PCスピーカーで聴く音は明るくてエネルギー感に溢れています。

タクマンスケルトンのエージングがこれからなので

少し硬い音で奥行き感が現用DACに比較すると少なく感じますが

エージングが進めばさらに良くなってくると思わせる魅力的な音です。

とおるさんの回路図と違いは

出力のコンデンサ4700pF → SE 5100pF

パスコン 330μF → 0.1μ V2A

2200pF → SE 2200pF

Tr A1358/C3421 → A606/C959

抵抗 →タクマンスケルトン

となります。

後はバッテリーチェック回路を作り

正式にケースに組み込んで現用DACとの比較試聴を

なるべく早くやってみたいと思います。

現用DACのIVCはBGA&CMを除いて ALLFET構成なので音色の違いも楽しみです。

とおるさん

本当にありがとうございましたm(__)m・・・

|

« とおるさんのIVC回路作製音がでました。! | トップページ | とおるさんのIVCファーストインプレッション »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんのIVC回路作製(5):

« とおるさんのIVC回路作製音がでました。! | トップページ | とおるさんのIVCファーストインプレッション »