« LIB用接続ピン | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(6) »

とおるさんIVC_DACケース作製(2)

どうにか形になりました。

Rimg0193_r

Rimg0192_r

リアは手抜きモードになり上部だけのカバーとなりました。

それとLIBコネクタの上手い固定方法が思いつかず

仮に脱落防止の為、輪ゴムの太い物でバッテリとコネクタを巻いて固定している状態です。

作ったLIBコネクタ接続ピンの音は気のせいかも知れませんが

高域の音が素直になり低域の量感が増した様に感じます。

PDR-D7とM-5100SHでCDやデジタル化データを昨日も聴いていましたが

解像度の高さ、定位の良さ、音のバランスの良さに酔いしれていました。

----------

DACとは関係なくレコードのデジタル化の為にオーディオ・ラボの45回転のレコードも聴きましたが、こちらも心地良い音です。

きちんと洗浄してからデジタル化したいと思います。

Webで手持ちの2枚

「サマー・タイム」

Rimg0195_r

「サイド・バイ・サイド2」

Rimg0194_r

を検索してみましたがヒットしませんでした。

私の持っているのは

「HIGH GRADE SOUNDS Special Edition THE JAZZ 45R.P.M」シリーズの内の2枚なのですが

ヒットするのはオリジナルの33回転物かSACDもしくはデジタルデータだけでした。

国内の演奏家の物は余り人気が無いのでしょうか。

演奏も録音も良いものだと思うのですが・・・

(それにしてもSACDは価格が1万円台なのにはビックリしました)

----------

kontonさんの不完全対象風反転入力VGAパワーアンプで聴くアナログの音

そして、このパワーパワーアンプととおるさんのIVC_DACで聴くデジタルの音

この音を超えるには次は何をすれば良いのでしょうか・・・

|

« LIB用接続ピン | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(6) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんIVC_DACケース作製(2):

« LIB用接続ピン | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(6) »