« スペクトル解析 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CG作製(2) »

とおるさんのIVC+LH0032CG作製(1)

発注したタクマンが到着しましたので、基板作りを再開しました。

Rimg0211_r

抵抗は取り付け終了しましたので未使用のDACからSE 2200pFを抜き取り作業を進めます。

追記

Rimg0213_r

部品取り付けは終了しましたので、次は裏配線です。

ケースへの取り付けスペースの関係でギリギリまで基板をカットして

2枚の基板ををホットボンドでつなぎ合わせました。

----------

先日久しぶりにN0209風ALLメタキャンパワーを接続して聴いてみましたが高域の歪が感じられました。

+側にニッケル水素2本追加した状態にも拘わらずです。

あれッ?と言う感じでした。

不完全対象の安定した音に慣れてしまったせいなのでしょうか。

以前は感じなかった様な気がするのですが、不思議でした。・・・

|

« スペクトル解析 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CG作製(2) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんのIVC+LH0032CG作製(1):

« スペクトル解析 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CG作製(2) »