« LUXMAN KITの残骸 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CGトランスインピーダンス回路 »

とおるさんのIVC+FETトランスインピーダンス回路

SEの使用個数を減らしたくて合体を考えてみました。

Photo

*回路図はクリックで拡大します。

とおるさんのBGA&CM回路(IVC)は後にVGAパワーアンプをつないで問題なく、毎日心地良い響きを聴かせてくれています。

以前のNo213風DACが全然出番がなくなりましたのでBGA&CMを入れ替えて見たいと考えました。

手持ちのSE2200pFがジャンク箱行きとなっているNo206風IVC&DSC基板1枚に付いている2個だけです。

Rimg0208_r

このままではとおるさんの回路は組めません。

そこでとおるさんの回路はBGA&CM(IVC)として使い、No213風基板(トランスインピーダンス回路として)と合体できないかとLTspiceで占ってみると上記回路で何とかなりそうです。

手間もとおるさんの回路さえ組んでしまえば、後はジャンク基板よりDSC回路を外す手間だけですみます。

うまく動作するのかどうかも含めて、試してみる価値は有りそうな気はします。・・・

|

« LUXMAN KITの残骸 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CGトランスインピーダンス回路 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/51729711

この記事へのトラックバック一覧です: とおるさんのIVC+FETトランスインピーダンス回路:

« LUXMAN KITの残骸 | トップページ | とおるさんのIVC+LH0032CGトランスインピーダンス回路 »