« Newアナログレコードのデジタル化(10) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) »

トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2)

「四季」「調和の幻想」ファイルのプチノイズ修正、アップコンバートをしながら1度試してみたいと思い出し、

少し本気でパターンを眺めて修正しました。

Photo

初段にFD1840(2N3954)を使うのなら上の様なパターンで無いと上手く行かないようです。

ダイオード1S1588も終段Trと熱結合する為に配置を変更しました。

LTspice上では上記の抵抗値で初段定電流回路4mA、終段6mAの電流値になっています。

実際はどの位の抵抗値になる事でしょうか。・・・

----------

「四季」「調和の幻想」は少しプチノイズが多く修正に時間が掛かっています。

音自体はPCスピーカーで聴く限りは、なかなか良い響きで満足できそうな感じです。

96Kと192Kの音を時々比較してみましたが、アップコンバートのメリットも微妙な響きではありますが感じられる気がします。

|

« Newアナログレコードのデジタル化(10) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2):

« Newアナログレコードのデジタル化(10) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) »