« ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(3) »

ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(2)

とりあえずTr取り付けは終了して残りは抵抗の取り付けと裏配線です。

Rimg0232_r

初段定電流のダイオード05Z5.6Xも残り少ない手持ちの銀帯をおごってみました。

Rimg0236_r

これで、たいした音が出なかったらがっかりですね。

雑誌記事の回路でBGA&CMにA606/C959使用でかんばしくなかった件が有りますので

少し不安では有ります。・・・

追記

シミュレーションをやっていて抵抗値の変更が有りました。

Photo

|

« ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(3) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんにちわ
>銀帯といえば、当方にも
完対になってすっかり出番がなくなってきましたね。
LIB駆動でGOAなら使い道が、まだまだ有りそうです。・・・

投稿: LA4 | 2011年6月 7日 (火) 12時16分

LA4さん、こんにちは。
銀帯といえば、当方にも5.1Xと3.0があります。5.1Xはある時○松さんに注文したら、普通にこれを送ってきました。お店的には特に区別はなかったのでしょうね。
でも「宝の持ち腐れ」的にずっとしまいこんで行くような気がします(^^;

投稿: えふ | 2011年6月 7日 (火) 11時26分

怪しいやつ さん
おはようございます。
>GOA最終形?のオールメタキャンラインアンプ
No121タイプでしょうか。
>これが予想以上に素晴らしく、
これは励まされる言葉ですね。
私も完成が楽しみになってきました。・・・

投稿: LA4 | 2011年6月 7日 (火) 09時46分

おはようございます。
ジャンク箱を漁ってみると、GOA最終形?のオールメタキャンラインアンプの基盤がありましたので、BCA&CMを追加してDACを試してみました。(LIB±各2個PCM1794はパラで使用)
これが予想以上に素晴らしく、メインのDACとなってしまいました。
DCアンプは進化しているのだろうか…
などと考えてしまいます。

投稿: 怪しいやつ | 2011年6月 7日 (火) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(2):

« ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(3) »