« Newアナログレコードのデジタル化(11) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(12) »

ALLメタキャンIVC_トランスインピーダンス回路の音

HDtracks よりダウンロード購入した「Waltz fo Debby」とレコードよりデジタル化して192Kにアップコンバートした物を昨夜聴き比べてみました。

HDtracks 物のスクラッチノイズや埃によるノイズが無いのは当然なのですが、残念ながら音に熱気が感じられませんでした。

ビル・エヴァンスのピアノの音に全然楽しく弾いている感じがなく、嫌々弾いているかの様に感じてしまいました。

レコードのデジタル化の方がスクラッチノイズも何のその、音で無く演奏に引き込まれていきました。

血の通った演奏に感じました。

・ 「スターウォーズ組曲」

もう何十回も聴き、そして何回もデジタル化しては聴いていますが、今回新たデジタル化しなおして192kにアップコンバートしました。

低域の再現が今までと全く違います。

力強くダンピングも良いのに量感も有り下まで伸びている感じです。

メインテーマも記憶に有る限りでは、今までで最高ので再生音です。

数ヶ月前最低の音とこき下ろした音とは雲泥の差でした。

デジタル化データには、ちゃんと入っていた情報を引き出せていなかったのが良く解ります。

その他、マリーンや「ライブ・アット・ピットイン」、「ポピュラーコンサート」、ベンチャーズ「ロッキー・ロード」など次々聴いてみましたが、どれを聴いても生命力の有る音でバイオリンの優しい音色、エレキギターのはじける音等でクラッシクでもジャッズでもジャンルを問わず演奏に引き込まれていきます。

ALLメタキャンがこれ程の音を出してくれるとは期待以上、想像以上の事でした。

心のそこからALLメタキャントランスインピーダンス回路を試してよかったと思います・・・

|

« Newアナログレコードのデジタル化(11) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(12) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

えふさん
コメントありがとうございます。
>素晴らしいものが出来たとのことで
きっと良いはずという期待とそうでもないのでは
という不安の中で試してみましたが
期待以上の音に大満足な状態です。
ALLメタキャンは今となっては、昔からの金田式ファンでないと
部品の調達が、かなり難しそうですね。
でも無理して探す価値はあると思います。・・・

投稿: LA4 | 2011年6月11日 (土) 14時31分

こんにちは、えふです。
素晴らしいものが出来たとのことで、本当に良かったですね。
「ALLメタキャン」…何という甘美な響きでしょうか。この形式にするというだけで製作意欲が湧いてきたりしますね(^^;

投稿: えふ | 2011年6月11日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/51906092

この記事へのトラックバック一覧です: ALLメタキャンIVC_トランスインピーダンス回路の音:

« Newアナログレコードのデジタル化(11) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(12) »