« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(1) | トップページ | トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) »

Newアナログレコードのデジタル化(10)

バイオリンの音を少し真剣に聴いてみようと

イ・ムジチチの「四季」「調和の幻想」をデジタル化して、只今アップコンバート、編集中です。

もうPDR-D7の時から何回もアンプ改造の度にデジタル化しています。

その為レコード盤の劣化は避けれませんが録音された音はアンプやADC改良の度にアップグレードしているような感じです。

Rimg0227_r

MICROTRSCⅡのバッテリーが持ちそうも無い時に予備でPowerBankSlimと言うバッテリーパックを使かっています。

元々はiPhone3Gを使っているときに予備バッテリーとして使っていたものなのですが、

MICROTRSCⅡにも使える電圧だったので(3.7V:2000mAh 5V:1000mAh)試してみたら安定して使えました。(ACアダプタを利用するとノイズが入る事がある為MICROTRSCⅡにはバッテリー駆動はレコードのデジタル化には必須です)・・・

|

« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(1) | トップページ | トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Newアナログレコードのデジタル化(10):

« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(1) | トップページ | トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) »