« ターンテーブル用ボード販売店探し | トップページ | サブウーファーを試す(2) »

Newアナログレコードのデジタル化(15)

今日は

「Still Harry after all these Years」SHEFFILD LAB11 DIRECT DISK

「the king james version」SHEFFILD LAB03 DIRECT DISK

の2枚を再度96Kで収録して192Kにアップコンバートしてみました。

PCスピーカーで聴いても違いが出てきています。

96Kの方がHarryのトランペットの音が前に出てくる感じです。

192Kにアップコンバートすると全体的にやや大人しい音に感じてしまいますが、各楽器の分離は192Kの方が良い様に感じます。

メインシステムだとどう感じるのでしょうか・・・

|

« ターンテーブル用ボード販売店探し | トップページ | サブウーファーを試す(2) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Newアナログレコードのデジタル化(15):

« ターンテーブル用ボード販売店探し | トップページ | サブウーファーを試す(2) »